生産計画、作業指示、工程管理、在庫管理、トレーサビリティー管理、検査記録などのIT化には製造現場から収集できる様々なデーターを利用し、最適なソフトウェアを製作します。

工程管理ソフト

製造ラインに配置した機械から配信される信号を元に製造工程の進捗を管理できます。

人とロボットの共働作業や人が行う機械操作の工程完了信号を受信し、次工程への指示を配信。何の作業を誰が、何時、どの様にしたかを記録します。

検査記録ソフト

X線検査 、ウェイトチェク、印字検査など安全な製品を出荷するまでに行う様々な検査記録をデーター化します。

検査ごとの記録を時系列に保管する事でお客様の安心を獲得します。

トレーサビリティー

製品に付けられるロットナンバー以外に個別IDを付与する事でトレーサビリティー管理が実現します。

原材料から異常を求めるトレースフォワード、市場から求められるトレースバックも管理できます。

生産計画・作業指示

作業工程を分解し、各工程の作業時間を設定する事が生産計画の元になります。

追加受注、計画変更、にも事前に対処できます。余剰な人員確保をせず、最適な人員確保をし、作業指示書まで作成できます。

在庫管理

原材料にコードナンバーを付け、保管場所にロケーションナンバーを付ける事で在庫管理が実現できます。

生産計画とリンクし在庫数に応じた最適な発注ができます。賞味・消費期限を読み込めば先入れ・先出し管理も実現できます。