Automation オートメーション/ Line control ライン制御

効率良い生産や省人化を実現する安定した連続生産をセンサー技術や搬送技術が支えます。

整列

複数ラインの製品の有無をセンサーで捉えて、設定された間隔を認識して一定時間を空けて次の工程に送ります。

ポイント
タクトタイムの設定が重要です。

 
(タクトタイム : ライン上に流れる製品の時間的間隔)

合流

ランダムに流れる製品をコンベアの特性だけで一列に合流させます。機械的、電気的に制御して合流させるチャネライザーと言う装置もあります。

移載

搬送中の製品の前後方向の向きを変えずに直行するラインに移載するために、搬送物を加速してコンベアに投入します。包材の特性に合わせてコンベアベルトの素材も変えて調整します。

ポイント
硬質の容器に入った製品よりも袋入りの軟体製品の方が難しいです。

カラーセンサー

連続して流れる製品に対して特定の色に反応する様にセンサーの設定をします。製品の状態や仕上がり、品種の判別などに応用できます。

ポイント
セキュリティーテープの緑色に設定し、テープ貼りエラーとテープ切れを判別した事例

画像認識

印刷された文字をカメラで撮影し、文字認識をします。賞味期限やロットナンバーの印字エラーの検出や印字された文字情報を記録し、トレーサビリティーのデーターとして利用します。

ポイント
ケースに印字した賞味期限の文字を印刷直後に読み取り、印字エラーの検出に応用した事例